1. トップページ >
  2. 代表メッセージ

代表メッセージ

代表 鈴木からのメッセージ

自分の人生の中で、”何か大きな事に挑戦したい、成し遂げたい”と思っている人は、少なくないのではないでしょうか?そして、実際にやってみれば、その何かを成し遂げられる人も少なくはないと思います。でも、その何かが見つからなくて、環境がなくて、そのまま人生を終える人が想像以上に多いのかもしれません。


どんな仕事だったら本気になれるのか?

私は、
“楽しくてしょうがない仕事=本気になれる仕事”
と、考えています。

“楽しくてしょうがない仕事”とは、単純作業でなく一定の複雑性があり、仕事を通して自分達の成長を肌で感じる事ができる。もちろん、成長がもたらす実績はきちんと評価される。

そして、なによりも自分達、会社が成長するほど、よりたくさんの人の役に立つ事ができ、よりたくさんの人から実際に感謝をして頂ける。社会の中での存在意義がある。そんな仕事であれば、心から楽しみ、本気で取り組むことができるのではないかと思っています。

現在、求人広告を見たり求職活動をされている方の希望などを聞いてみても、世間で流行っているように見える仕事で溢れています。現在なら、”ソーシャルゲーム“などをはじめとするネットを主体とした企業がメディアにも頻繁に取り上げられています。

でも、流行っている仕事のほかにも、まだ世の中の誰も気付いていない、実は、多くの人に求められていて、必ず誰かがやり遂げなければならない、そんな社会のニーズを本質的に解決できる仕事はまだまだあるはずです。アールアンドエーブレインズが大事にしているのは、単に流行を追うことではなく、自在にモノの見方を変え、実際に変化を起こすことです。

私達はいま、解体工事業界にフォーカスして事業を行なっています。“解体業界のインフラを構築する”という目標を掲げています。それは、社会の一員としての大切な役割も担っています。


どんな環境だったら本気になれるのか?

条件を上げればきりがありませんが、あえて言うのなら、
“一つの高い目標に向かって進み、自分の長所を生かし、短所を補い合えるチームがある”
そんな仕事環境があれば、自然と本気になって仕事ができると思っています。

私達は、決して優秀な人間ではありません。
だからこそ、メンバーそれぞれの長所を十分に発揮し、短所を補い合えるチームでいなければなりません。
アールアンドエーブレインズでは、入社数か月後のメンバーも、ビジネスマン・社会人としての基礎を学びながら、真剣に仕事に向き合い、そこから捻り出した意見やアイディアをメンバー達に提案したりしています。
時にはメンバー同士で遅くまで会議をすることもあります。

また、アールアンドエーブレインズのビジョンに共感して応援して下さる、各方面で活躍する社外の優秀なパートナーの方々の力は凄まじく、事業全体だけでなくメンバー各々の成長を強く後押ししてくれています。
そのような環境もあり、お陰様で、アールアンドエーブレインズのメンバー達の成長には私自身驚かされるばかりで、数か月で目を見張るほどに成長し、大きな変化を遂げています。
そんなメンバー達を見ていると、私自身、「日々、自己改革をしなければ。」と、強く感じます。
ビジネスは掛け算ですから、そんなメンバー達が揃う当社は、必ずナンバーワンとなります。
そして、私達が業界のスタンダードとなった頃、現状多くの問題を抱える日本の解体業界は大きな変化を遂げ、クリアな業界となっているはずです。
本気で仕事をし、自分達の手で変化を起こし、ナンバーワンを掴みとった経験と実績は、私達にとって大きな財産となり、そのような経験を積んだアールアンドエーブレインズのメンバー達は、アールアンドエーブレインズにとって、如いては、社会の中でも必ず必要とされる存在となっていくはずです。

鈴木佑一

【代表プロフィール】
◆22歳のときに不動産会社に営業マンとして入社。試行錯誤し1年後トップ営業マンになる。しかし、業界を深く知るほど、悪しき慣習が根強く残る現実に直面する。3年間勤務した後に退職。海外を周りビジネスを経験。

◆2010年、解体工事の一括見積サイト「解体無料見積ガイド」を立ち上げる。3年後、業界シェアNo1のポータルサイトへと成長。

◆「各地の誠実で優良な会社(業者)に繁栄して頂くことが最もお客様のためになる」という考えのもと、現在、インターネットを活用して提携会社・クライアント企業を含めて約600社の売上げUPに貢献中。そのリアルタイムな情報と日々積み重なる検証結果を駆使し、独自のノウハウ研究を続けている。

◆2015年、解体工事業界の健全化を目指した社団法人の理事長に就任。