1. トップページ >
  2. メンバー紹介

メンバー紹介

メンバー紹介

中野達也 川崎翔平 座波辰也
ゼネラルマネージャー
中野達也

「会社に動かされるのではなく会社を動かしているそんな今が過去のどんな遊びよりも楽しいです。」
プロジェクトリーダー
川崎翔平

「自ら、提案や実行をしていける事が楽しくてなりません。自由がきく会社とは、本来このことを言うのだと思います。」
エリアマネージャー
座波辰也

「アールアンドエーブレインズは一生付き合っていけるメンバーと環境が揃っています。」
初田晃忠 青木駿介 市川善勝
エリアマネージャー
初田晃忠

「”無事に工事が終わりました。”と、笑顔で言ってくれた瞬間は本当に嬉しいです。」
エリアマネージャー
青木駿介

「社員は皆、発展・進化を追求できる人達です。こんな環境で働くことが楽しくて仕方ありません。」
マーケティング担当
市川善勝

「時にはスタッフ同士で意見がぶつかることもあります。そんな時はとことん話し合い全員が納得する答えを出します。」

ゼネラルマネージャー/中野達也(なかの たつや)

私は、地元では最も偏差値が低いと言っていいほどの高等学校出身です。
言うまでもなく学力は並み以下です。
高校を卒業した後も、趣味であるサーフィンの時間を作る為に引越し会社でアルバイトをしていました。
5年間趣味に没頭し、のめり込んでいく間に、海外へも足を伸ばすようになっていました。
この5年間の仕事に対する意識は、趣味に費やすお金を稼ぐ為の手段と考えていました。
しかし、海外での出会いと経験で「仕事に就ける事への感謝」「社会での存在意義」「社会で活躍する楽しさ」
について考え始めました。
そんな、仕事に対する意識が変わり始めた時に、代表の鈴木とのご縁を授かり、会社を立ち上げることになりました。

立ち上げ当初は大変でした。
“ろくに勉強をしなかった高校生活”、“成人になっても趣味の事しか頭に無かった”私・・・
知識はおろか、考える力、ビジネスマンとして、社会人としての常識など一切持ち合わせていませんでしたから、何をするにも調べるところから・・・
今思い返せば、とんでもなく簡単なことにも難を感じ、膨大な時間を費やして仕事をしていました。
毎日が苦労と自分に対する劣等感との戦いでしたが、「ビジネスが形作られている喜び」「結果が出た時の快感」が、その頃の自分を支えていました。

現在、その経験から多くの事を学び、人として大きく成長することができたと思っています。
ビジネスマンとしても着実に力をつけてきたと、自分自身でも感じています。
そして今、当社は私を含め10人のメンバーと、社外の優秀なパートナーの方々にご協力頂き、
多くのユーザー様から感謝のお声を頂くことができる、社会的に意義のある会社に成長しております。
解体工事をお考えの施主様だけでなく、解体工事に携わる解体業者様含め、多くの方から嬉しいお言葉を頂いております。

また、会社を取り締まる鈴木の発想力やビジョン、頼りがいのある人柄とユーモアのある会話のお蔭で、
スタッフ全員が明るく、まじめで、そして楽しんで仕事をしてくれています。
そして、楽しんで仕事をしているからこそ日々信じられない程のスピードで成長しています。
そのスピードには、正直なところ私も驚かされています。
入社した社員が、3ヶ月後には会社に欠かせられない存在になっているのです。

3年後、そんな家族のようなスタッフと共に業界No1となり、
その2年後には現在のビジネスを発展させ、解体工事市場シェアの20%を獲得するというプロジェクトが進んでいます。

「日本の解体業界における概念を一新し、解体業界の新時代を築く」

人生でこれほど未来をイメージしたことも、胸を躍らせたこともありません。
5年後の会社、5年後の自分の成長ぶりが楽しみで仕方ありません。
そして、会社が発展する事で、解体業界の透明化、
優良な解体業者さんのご活躍と繁栄に貢献できることが嬉しくてたまりません。

傍観者は当事者の心を知リ得ることはできません。
新しい時代を切り開く当事者となり、当事者にしか感じることの出来ない喜びを感じてみませんか?
大きく目線を変えてみることで、今までに見えなかった物が見え、
価値観が変わり、将来の自分に大きな影響を与えるのではないかと私は思います。

プロジェクトリーダー/川崎翔平

前職は、9年間、営業の仕事をしておりました。
毎月、会社から指定された商品を、お客様に営業し、
中には、見たことも触ったこともない商品を販売したこともあります。
月の売上で、最高1200万、平均で800~900万の売上を上げ、
入社3年目より、店長として店の管理も行っておりました。

営業力、管理能力を買われ、
アールアンドエーブレインズ設立間もない頃、代表の鈴木に声を掛けていただき入社しました。

自分が入社した当時のメンバーは、代表の鈴木を含め3人。
9年勤めた前職と比べ、給料も待遇も劣る状態でした。
入社当時は、ある程度事業の形は出来ていましたが、
毎日、試行錯誤を繰り返し、3人で夜遅くまでミーティングをしていたのを良く憶えています。

成功も失敗も、身を持って体感できました。

嬉しい時も辛い時も、当時は3人で乗り越えてきました。
入社したばかりの自分の意見も、真剣に取り入れていただき、
新しいプロジェクトを沢山手がけてきました。

そして、事業が拡大するにつれ、メンバーも増えていきましたが、
自分が入社した時と同様に、メンバー全員の意見を取り入れ、
チーム全体で、新たな挑戦をしていく社風は、今でも続いております。

決められた仕事をしていた前職に比べ、
自ら、提案や実行をしていける事が楽しくてなりません。
自由がきく会社とは、本来このことを言うのだと思います。

現在、お客様担当の責任者をしておりますが、
あまり前例のない業種ということもあり、事業の拡大の可能性の高さと、
それに伴うサービスの向上に日々意識を置いています。
お客様にご提案できることは、まだまだ無限大にあり、
新しいサービスに対する、お客様の喜びが自らの喜びに感じられます。

まだ見ぬ、新たなメンバーに期待し最高のチームを作っていきたいと思います。

エリアマネージャー/座波辰也(ざは たつや)

「何か面白そうだ」
そう思ってアールアンドエーブレインズを選びました。

転職活動中、私が思っていたことは「普通の会社に入社して普通の人生を終えたくない」
「一生働きたいと思える会社を見つける」の2点でした。

前職では、IT系の会社で働いていて、携帯電話の評価の仕事を行っていたのですが
業界が衰退気味だったことや、リーマンショックの影響もあり、働いていた会社も年々縮小して行きました。

どんなに頑張っても給料は上がらない。
ボーナスは出ない。
正当な評価をされたい。
将来がまったく見えず、正直何の為に働いているのかわかりませんでした。
同じ思いをしている人は多いと思います。
そんな自分の人生を変える為に転職を決意しました。

転職活動をして、アールアンドエーブレインズを受ける前にすでに内定を貰っていましたが、
たまたま求人募集を見つけ何かを感じ取り受けてみました。直感を感じたのです。

代表の鈴木と面接をしてみて確信しました。
この会社は間違いなく成長する。この会社は何か面白そうだと。
熱意、ビジョン、私が受けたどの会社とも違うものでした。
間違いなく業界No.1になる会社の中心メンバーとして、その過程に携われる。
それが入社の決め手になりました。

アールアンドエーブレインズは社員一人ひとりが、社長みたいな会社です。
働かされているのではなく、自分の力で会社を成長させているのです。
積極的にアイディアを出し合って、良いアイディアだったら即採用です。
社員のみんなが明確な目標とある程度の権限を持ち、
自分の責任のもと仕事を任されています。
明確な目標があり、正当な評価を貰えるからこそ、
残業で夜遅くなることがあっても、上司に叱られる事があっても
誰一人文句を言わず、全員が本気で頑張れるのだと思います。
毎日大変ですが、普通の会社では味わえない充実感があります。
組織を拡大し、業界No.1になるべく早く到達する事が今の私の目標です。

今いる社員は個性の強い人間が多く、社内の雰囲気も明るい環境です。
プライベートも仲が良く、一緒にご飯を食べに行ったり
美容院を一緒に行くメンバーもいます(笑)
これから新たな社員も入り、人数が増えていったら
もっと面白くなるはずです。

アールアンドエーブレインズは一生付き合っていけるメンバーと環境が揃っています。
今後が楽しみで仕方ありません。

エリアマネージャー/初田晃忠(はつだ あきただ)

自分は、アールアンドエーブレインズに入るまではパチンコ店でアルバイトとして働いていました。

4年間働いていましたが、毎日同じ仕事・同じことの繰り返しでした。
このままでいいのか?と、疑問を抱きながらも現在の環境から離れるのが怖く何も行動できませんでした。

現状に妥協をして成長意欲も特にない。そんなダラダラした生活を送っていました。

そんな自分が就職を決意したキッカケが古くからの友人と話をしていた時です。
正社員で5年ほど仕事をしている友人と話をしている際に、会話についていけない自分がいました。
「話の内容が分からない。理解が出来ない。」
アルバイトをしながら成長もせずダラダラと過ごしていた自分と、正社員で必死に働いていた友人との成長の差がハッキリと分かった瞬間でした。
現状に妥協をして、成長もしようとしなかった自分が、恥ずかしい。
それに、すごくみじめで悔しい気持ちになりました。
自分も成長したい。成長ができる場所が欲しい。 そんな思いで就職先を探していた自分の目に
ふと留まったのがアールアンドエーブレインズでした。
すぐに面接の応募をしました。面接当日の社長と担当だった川崎さんの話を聞いて、ここでなら、成長できる。今よりはるかに高いステージで自分を高めていける。そんな確信を得ました。
現在、入社して6ヶ月ほど経ちましたが、過去の自分よりも成長できている!と、自惚れかもしれませんが確信をもって、そう思えます。
過去の自分に対して、「なんてレベルが低いんだ!」そんな風に思えてしまうほどの 成長スピードで成長ができています。
今よりも成長したい。友人よりも、一つも二つも頭が飛び抜けていたい!!!
そんな人には本当におススメの職場です。

今、自分はお客様の担当をさせて頂いています。
解体工事に関して、不安を持っている方は多くいます。
「まずは、何をすればいいんだろう?」「解体業者って恐そう」「不法投棄とか大丈夫かな?」
そんな不安を抱えていたお客様が、「無事に工事が終わりました。」と、笑顔で言ってくれた瞬間は本当に嬉しいですし、ある意味快感です。

・安心してくれるにはどうすればいいんだろう?
・笑顔で工事完了まで行っていただくには、どうすればいいんだろう?

そんな事を考えながら、毎日お客様の対応をしています。
人に感謝される仕事がしたい。誰よりも成長したい。
そんな方には、本当にお勧めの職場だと思います。
自分の当面の目標は、奥さんに楽をさせてあげたい。
お客様に、安心して笑顔で工事終了を迎えてもらいたい。
友人よりも、もっともっと成長をして高いステージに立ちたい。

その目標のために、日々頑張っています。

一緒に、笑顔が絶えない職場で成長できるのを楽しみにしています
(書籍の補助などもあるので、成長意識が高い人ほど急激なスピードで成長出来ちゃいます!!!)

エリアマネージャー/青木駿介

私は、子供の頃から「毎日楽しく生きたい」と思って過ごしてきました。
また、いつでも熱中できるものがある恵まれた環境で育ったこともあり、将来に対する不安もありませんでした。

しかし、就職活動を始めた頃から“ある迷い”が生まれました。
「安定した企業への就職か、楽しく熱中出来る職へ就くべきか?」

きっかけは、大学卒業が近づくにつれ、周囲の友人達が就職で悩んでいるのをよく目にするようになった事からでした。
就職についてまず私が考えたことは、“安定した企業”なら倒産しないだろうし、ある程度働いたら給料も増えていき、ある程度幸せな生活が約束されるだろうということでした。
しかし、気がつくと「自分はこれから何をしていきたいのか?」という言葉が頭の中を巡る毎日でした。

1年ほど就職活動を通して少しずつ経済に関する知識もつき、就職について現実的な考え方をするようになりました。そして、日本だけではなく、世界経済の不安定さを知りました。
私が就職活動している時も、安定した企業を求める学生が多かったのですが、そこに怖さに近い感覚をおぼえました。安定を求める人達が集まった企業が20~30年経ったとき、資本主義社会の中で生き残っていくだけの勢い(社員の情熱)があるのか?
今までに、テレビなどでも生き残るために苦肉の策をとった企業を見てきました。景気には波があり、大手企業ですらレイオフする可能性が十分にある中、社員が仕事に対して熱意がなければ危ないのではないのかと思い始めました。

そして、私はひとつの考えに辿りつきました。
安定して生きていくためには、自分自身の能力を高めることが最も重要であること、また、私は自分自身が楽しく熱中できるものでないと継続できないことから、「心から働きたいと感じた会社に就職しよう」と・・・

それから何社もの会社説明会に足を運び面接をしていただきましたが、自分が熱中できそうな仕事は見つからず、何社か内定を辞退しました。
今、考えるとそれらの企業様には大変失礼なことをしていたと反省しています。

そんな時、アールアンドエーブレインズに出会いました。

面接の時、会社のトップである社長が真剣に私の将来について一緒に考えてくれ、またアドバイスをくれました。今までの面接を受けてきた企業とは何かが違うと思いました。
ここでなら楽しい毎日が過ごせ、また成長できると感じ入社を希望しました。
もちろん、入社した今でもその可能性を感じています。

それは、アールアンドエーブレインズでは社員一人ひとりの成長が会社を大きくすると考え、会社全体で個々の能力を高め合える環境があるからです。

社員は皆、安定ではなく、発展・進化を追求できる人達です。
こんな生き生きとした環境で働くことが、楽しくて仕方ありません。

もし、「やりたいこと見つからない」「成長したい」「日々楽しく過ごしたい」と思っているのであれば、一緒にがんばりましょう!
会社を大きくしている充実感、やりがいに楽しさを感じる毎日を過ごせます。

マーケティング担当/市川善勝

大工の父を持ち、幼い頃は父の仕事を継ぎ私も大工になるのだろうと思っていました。
高校時代で進学するか就職するかの岐路に立った時、父から「お前は大工になるな。」と言われ、もともと大学に進学するつもりもなかった私は何をすればいいのか分からなくなり、地元の住宅メーカーに就職しました。
父の仕事に近い職種なら、やりがいも見つけられるだろうと思い入社しましたが、企業の歯車の一つでしかない仕事にやりがいを見つけられず2年で辞めてしまいました。

そこから3ヶ月、自分は何をやりたいのかを考えました。
父親の背中を見て育ち、抱いていた仕事への理想は「何かを創り出す」ことでした。

そこから2年間準備をして、自分一人で仕事を始めました。
現在とはかけ離れた業種でしたが、自ら創り出し、完成させていく仕事に満足していました。

代表の鈴木とは以前から面識があり、よくお互いの話をしていました。
その時に私は自分の仕事の話をし、鈴木からはアールアンドエーブレインズの話を聞きました。
何度か話を聞き、試行錯誤しながら会社を創り発展させていくアールアンドエーブレインズに惹かれていったのを覚えています。その頃から私の中には「この会社でチャレンジしてみたい」という気持ちが芽生えていたのかもしれません。

私が仕事を辞め、転職を考えている時に声をかけて頂きました。
迷わずアールアンドエーブレインズに入社し、今はマーケティングを担当しています。

事業の戦略を創り、どのように成功させるかの戦術を立てる。
時にはスタッフ同士で意見がぶつかることもありますが、そんな時はとことん話し合い全員が納得する答えを出します。

全員が会社を発展させるために本気になって働いています。
それはスタッフが会社の歯車ではなく、スタッフ1人1人が会社を動かしているからだと思います。